Friday, Oct 25, 2013
Pro-Japan Australia vs. China
BY GREGORY CLARK

Canberra’s foreign policies are a puzzle. Australia depends on China to take 35 percent of its exports. It may have to depend even more as its manufacturing base implodes — past mistakes mean it is about to lose almost all its car manufacturing industry. Yet Australia’s new conservative government has chosen this moment to tell the world that it wants to cooperate with Japan and the United States in their anti-China policies.

Consistency is not the first word that springs to mind when Canberra’s policies are considered. Australia’s new foreign minister, Julie Bishop, passed through Tokyo recently, praising Japan as Australia’s best friend in Asia and criticizing China’s pressures in the Senkaku Islands dispute. She went out of her way to trace Australia’s allegedly good relations with Japan back to a 1957 commerce agreement.

Her speechwriter even had her noting a 1950 speech by former Prime Minister Robert Menzies as the harbinger of those good relations. But at the 1951 San Francisco Peace Treaty talks with Japan just a year later, a viscerally anti-Japan Australia took the lead in insisting that Japan be punished for its wartime aggression by being stripped of all the territory it had gained through that aggression, including the southern Kuril islands of Etorofu and Kunashiri, which it had gained peacefully.

If the question of the Senkakus had arisen then, Australia would almost certainly have demanded they be given to China. It said, perceptively, that failure to resolve all territory questions could provide the pretext for future Japanese militarism. And to protect itself from that future Japanese militarism it demanded and got its ANZUS treaty with the U.S.

But less than a decade later, China replaced Japan as potential enemy number one. ANZUS shifted from anti-Japan to being an anti-China alliance. The Vietnam War, we were told, was the first stage of China’s southwards expansion “between the Indian and Pacific oceans,” using its “puppets” in Hanoi.

Canberra then went on to try to ban any participation in the 1971 ping-pong diplomacy that China wanted for an opening to the outside world. But when it discovered that the U.S. was negotiating for an opening to Beijing, overnight China became the flavor of the month, complete with panda exchanges and prime ministerial visits. Meanwhile Japan, even though by then it had become the main market for Australian resource exports, began to bear the brunt of Canberra’s prickly resource nationalism. I once sat at a 1975 Canberra conference table where a harmless Japanese request for a treaty of friendship, navigation and commerce was condemned roundly as a sneaky attempt to take over the Australian economy.

Moscow, too, was relegated to potential enemy status. In 1964 I had to sit at a Kremlin conference table while an Australian foreign minister tried to convince the Soviet leaders that China was such a threat to world peace — he even warned about China aggression into Soviet Xinjiang (aka Sinkiang) even though China, not Moscow, owned Xinjiang — that Moscow should join us in resisting China’s aggression in Vietnam. Just 10 years later, an Australian prime minister would travel all the way to Xinjiang to show support for China against Moscow’s allegedly aggressive plans in the area.

But soon it was China’s turn, again, to be the target. Its emergence as a world power and large importer of Australian resources revived the former Yellow Peril fears of the Vietnam War era when maps showing dragons and red arrows pointing directly at Australia were in vogue.

With the U.S. making its “rebalancing” moves in Asia and with active support from a Murdoch press controlling more than half of Australia’s main media, hawkish pundits and academics quickly found anti-China voice. And now they have a government which listens to them.

These moves had started even during the allegedly pro-China Labor party regime of Kevin Rudd (2007-2010). Rudd spoke good Chinese and understood China. But he was also pro-U.S.; his “Asia Pacific Community” concept tried to offer the U.S. a shared presence with China in the area. But Washington was not impressed. Thanks to WikiLeaks we discover that elements of Rudd’s party close to the U.S. Embassy in Canberra were able to use Rudd’s personal unpopularity to have him replaced in 2010 with Julia Guillard as prime minister. Guillard promptly agreed to allow the stationing of a U.S. land-air marine taskforce in northern Australia.

Meanwhile, Canberra’s strongly pro-U.S. diplomatic and defense establishment, excited by U.S. moves to use Japan to boost an aggressive military presence close to Chinese waters, was also moving to get Japan on board. A 2007 Australia-Japan Joint Declaration on Security Cooperation called for regular meetings of foreign and defense ministers. That was followed up by two more agreements claiming that, as allies of the U.S., Australia and Japan had a role to play in the security of their region. And now as APEC — a grouping originally designed by Tokyo and Canberra conservatives back in the ’60s to isolate China — becomes increasingly irrelevant, Australia and the U.S. seek actively to replace it with a Trans-Pacific Partnership economic grouping concept also designed to keep China at bay.

For a while Beijing had seemed fairly indifferent to all this activity; its seems to have hoped its friends in the U.S. and Australia could prevail against the hawks. But when, during the recent APEC talks in Bali Japan, the U.S. and Australia took time off for a Trilateral Strategic Dialogue, its restraint seemed to snap with a sharp warning about the three nations ganging up in an anti-China alliance.

More could follow. Beijing does not hesitate to use the economic card when it thinks it has been provoked. In 1971, in Beijing with the table tennis team I had had to organize to get around Canberra’s ban, we were given Beijing’s threat to cut wheat imports from Australia if Canberra persisted in its anti-China attitudes. Beijing has now placed harsh economic sanctions on the Philippines following a minor military spat in the South China Sea.

Much of the “Gang of Three” strategy seems based on the hope they can tap into Asian anti-China concerns, in the Philippines and Vietnam especially. But that is a slim reed. Originally India was supposed to join the grouping to help encircle Beijing. But following direct Bejing overtures, it has now decided it can handle things by itself.

It is likely other Asians will follow the same route. Meanwhile, Japan has antagonized all five of its immediate neighbors, mainly over territory and its lingering wartime nationalism. Australia could end up as an ally of an isolated Japan.

Back in Australia, new threats to Canberra’s policies have emerged. A former prime minister, Malcolm Fraser, has publicly warned that Australia’s military support for a U.S. aggressive presence in the South China sea could invite Chinese military retaliation. And a small but strongly pro-China group, the PUP or Palmer United Party, created by a mining magnate with close China links, now holds the balance of power in Canberra’s Upper House Senate. It has threatened to block any future anti-China legislation.

Finally the Chinese prop to the Australian economy may begin to carry clout.


親日的オーストラリア対中国

キャンベラの外交政策は謎だ。オーストラリアは輸出の35%を中国に依存している。
オーストラリア製造業基盤の破綻が進めば── 過去のあやまちからオーストラリアはほぼ全ての自動車産業を失おうとしている── 今後さらに大きく依存することになりそうだ。ところがオーストラリアの保守党新政権は、よりのよってこの時期、日本とアメリカの反中国政策に協力したい旨世界に宣言した。
 
キャンベラの外交政策を考えるとき、一貫性ということは、およそ最初に頭に浮かんでくるイメージではない。オーストラリアの新外相ジュリー・ビショップは最近東京を通過する機会があり、その際日本はアジアでいちばんの友人だといい、尖閣諸島紛争での中国を批判した。彼女はわざわざ、1957年の通商協定に遡って、オーストラリアと日本の“よい関係”をたどって見せた。

彼女のスピーチライターはさらに、このよい関係の先駆者としてロバート・メンジーズ元首相の1950年の演説にまで遡って言及させた。しかし、このメンジーズ演説のわずか一年後、日本とのサンフランシスコ平和条約交渉において、芯まで反日のオーストラリアは率先して、日本は戦時中の侵略行為によって獲得した領土を全て剥奪して罪を償うべきだ、その中には、日本が平和裏に獲得したエトロフ、クナシリの南千島列島も含むべきだ、とイニシアティブをとった。

もしその時点で、尖閣問題が起きていたら、オーストラリアはほぼ確実にそれは中国に返すべきだと主張していたことだろう。オーストラリアは先見の明で、ここで日本の領土問題を解決しておかなければ、将来日本に軍国主義の台頭を許す口実にされるだろうと指摘。そして将来のその軍国主義化を阻止するために、アメリカとANZUS協定が必要だとして、それを実現させた。

ところがその後10年もたたずに、中国が日本に取って代わって、オーストラリアの仇敵ナンバーワンになった。ANZUSは反日本から反中国へ変身。 ベトナム戦争は、いわゆる、中国がハノイの傀儡を使って“インド洋から太平洋間の”南方拡張する第一段階に他ならない、という言い分だ。

さらにその後、キャンベラは、1971年中国が外の世界に対して開こうとして行ったピンポン外交へいかなるかたちの参加も禁じようとした。だが、アメリカが北京の開国を求めて交渉していたことが判明するや、キャンベラは一夜にして変心、中国はナウい存在に、パンダの交換やら首相の訪中やらで、急激に盛り上がった。一方日本は、すでにその時、オーストラリア輸出のトップ市場として地歩を固めていたにもかかわらず、キャンベラのとげとげしい資源ナショナリズムの矛先に耐える羽目に追い込まれつつあった。私はかつて、1975年キャンベラ会議の席にいて、日本が求めてきたいたってつつましい友好、航海、通商条約が厳しく批判されるのを目の当たりにした。これは、オーストラリアの経済を乗っ取る密かな策略だ、というわけだ。

またモスクワも、仮想敵国へと格下げされていた。1964年私はクレムリンで会議の席にいた。その会議で、オーストラリア外務大臣が、中国は世界平和の敵である、── 大臣は、ソ連の新疆に対する中国の侵略に警戒せよ、とまで言及 (新疆はモスクワではなく中国の所有なのだが)――そして、ベトナムにおける中国の侵略に抵抗してモスクワは我々の戦列に加わるべきだ、とソビエト指導部にレクチャーしようとしたのである。またそのわずか10年後には、オーストラリア首相は、はるばる新疆に赴き、その地でいわゆるモスクワの侵略的意図に対し中国への支援を表明したのである。

ところがその後まもなく、また中国が標的になる順番だった。中国が世界の大国として、またオーストラリアの資源の大輸入国に成長したとき、以前、龍と赤い矢がまっすぐオーストラリアに向けられている地図が巷に氾濫したベトナム戦争時代の、黄禍論が復活した。
 
アメリカがアジアで“リバランス”の動きに出て、オーストラリア主要メディアの大半を管轄するようになった。マードックのメディアが積極的にこれを支持するに至って、タカ派評論家や学者は急激に反中国の声を強めた。そして今、彼らの声を聞いてくれる政府が出現した。

これらの動き時は、いわゆる親中国的といわれた、ケヴィン・ラッドの労働党政権(2007-2010年)代にすでに始まっていた。ラッドは中国語堪能で、中国を理解していた。しかしラッドはまた親米でもあった; 彼の“アジア太平洋コミュニティ”コンセプトはこの地域で中国との共存という概念をアメリカに共有させようと意図したものだった。しかしアメリカはあまり評価してくれなかった。ウィキリクスのおかげで判明したことは、ラッドの労働党内でキャンベラの米大使館に近い分子が、ラッドの党内での個人的不人気を利用して、2010年首相の首をジュリア・ギラードにすげ替えることに成功。ギラードはいち早く、アメリカの海兵隊の陸空部隊のタスクフォースを北オーストラリアへ駐留させることに同意した。

一方キャンベラのアメリカ寄り外交防衛陣営は、中国海域近辺で攻撃的軍事的存在感を強めるために日本を利用しようとするアメリカの動きに刺激されて、同じように日本を巻き込む動きに出た。2007年の豪日安全協力共同宣言は、外務防衛閣僚の定期的会議を提唱。それに引き続き二つの協定── アメリカの同盟国としてオーストラリアと日本は自分たちの地域の安全のために果たすべき役割を持つ、とした協定── を結んで、これをフォローアップ。そして今、APEC―― もともと中国を孤立化させるために東京とキャンベラが60年代に遡り提唱、画策したグループ化── がいよいよ時代にそぐわなくなった。そこで今、オーストラリアとアメリカは、これに代わって、TPPコンセプト ―― これまた中国を遠ざけるため企てた―― を推進しようと活発に動いている。
 
ここしばらくは、北京はこうした動きに対し、かなり無関心を装ってきた; 中国はアメリカやオーストラリア国内の親中国派がタカ派を押さえ込めると期待していたかに見える。しかし、最近のバリにおけるAPEC会議で、日本、アメリカ、オーストラリアが、わざわざ時間を作って三国戦略対話を実施したため、中国の忍耐は切れ、三国が反中国の同盟を画策している、と厳しい警告を発するに至った。
 
今後さらに後が続く可能性がある。中国は、自国が挑発を受けたと感じたとき、経済カードを切ることをためらわない。1971年ピンポン外交の際、キャンベラの禁止を防ぐために、チーム編成に奔走した私は、北京側から、キャンベラが現在の反中国姿勢を保持し続けるなら、オーストラリアからの小麦輸入を中止する、と警告を受けた。北京は今、南シナ海におけるフィリピンとの小規模な軍事衝突の後を受けて、フィリピンに厳しい経済制裁を課している。

“三人組”戦略の多くの部分は、アジア特にフィリピンとベトナムにおいて、反中国的関心を利用するという期待感に基づいたものらしい。しかしそれは所詮か細い葦のようなものだ。インドは、最初、北京囲い込みのためのこの集団に加わると見られていた。だが、北京から直接の接触を受けて、インドは、自分独自に事態に対処できると結論を出した。
 他のアジアの国も、この線を踏襲する可能性がある。一方日本は、主に領土問題と尾を引く戦時中のナショナリズムをめぐり、自国周辺の5カ国全てと敵対関係に陥っている。孤立した日本の同盟国としてオーストラリアが最後に残る可能性がある。

さて地元オーストラリアでは、キャンベラ政策にとって新たな脅威が出現した。元首相のマルコム・フレーザーが、公的な場で、南シナ海におけるアメリカの攻撃的存在に対するオーストラリアの軍事的支援は、中国の軍事的反撃を招く恐れがあると警告したのである。そして、中国との緊密な関係を強く支持する鉱産業界の大物によって創設されたPUP(パルマー・ユナイテッド党)が、小さいが力強い親中国的なグループとして、いまやキャンベラの上院で勢力のバランスを握っている。同党は、今後いかなる反中国的立法も阻止するという姿勢を示している。
 
そして最後に、オーストラリア経済に支え棒ともなっていた中国が、その棒を打撃棒にも利用する可能性もあるかもしれない。