Thursday June 20, 2013

Cyber-snooping only one side of the information war
BY GREGORY CLARK

Revelations of the U.S. National Security Agency’s large-scale interception of Internet and telephone connections (PRISM) should not have come as any surprise. Estimates of NSA’s secret budget of at least $10 billion should have told us long ago it was involved in some sophisticated spying activities.

We knew some time ago about ECHELON — the global network linking the Anglo-Saxon nations in a decoding operation aimed at the secret diplomatic and other communications of other nations, including friends. That has been going on for more than 40 years now and many of those targeted — Japan included — have yet to realize how their codes can be penetrated.

But that is only one side of the information war. Efforts to find out what we are thinking are matched by efforts to tell us what we should be thinking. Programs to disseminate black or gray information have been around for a long time. Bogus news agencies (for much of the Vietnam War the British were running one called Forum Features), planted stories, biased or bought correspondents, academics and other pundits have combined to spread distorted information about imagined enemies.

The former Soviet Union used to be a favorite target. Recently China has come back into the limelight.

With India now being courted as a potential member of an anti-China club we are hearing much about China’s alleged 1962 border attack on India. Yes, there was a brief military action. The only problem with the black-information version is that it was India, not China, that did the attacking.

I was working in Canberra’s China section at the time and had access to all the relevant maps and documents. It was clear that the very limited Chinese attack had followed some very foolish Indian military incursions across a very generous (to India) line of control that China was scrupulously observing prior to a final border agreement (all this has been confirmed in former London Times New Delhi correspondent Neville Maxwell’s excellent book “India’s China War”). But that did not stop Canberra and others setting out to condemn China’s “aggression.” The black-information people have been hammering that line ever since.

That particular black-information success, which was to lead to the myth of China’s inherent aggressiveness, in turn led to the U.S./Australian decision to intervene in Vietnam to stop Chinese “aggressive expansionism.” A lot of people were to die as a result.

But the granddaddy of all the anti-China black-information operations has to be the false version of the June 4, 1989, Tiananmen Square incident. For some years this version had us believe that hundreds, if not thousands, of democracy-seeking Chinese students were mowed down with machine guns in the square by a brutal regime.

When some foreign witnesses emerged to say they were in the square all that night and saw nothing, the story was changed to a massacre of students near the square.

Meanwhile, the true story, found in the messages from the U.S. Embassy in Beijing at the time and available on the Internet, is very different. This says that Beijing, having tolerated the student takeover of its iconic square for six weeks, had finally tried to send in unarmed or lightly armed troops to remove the remaining students peacefully, only to be rebuffed by angry anti-regime crowds that had built up on the roads leading to the square.

When armed troops were then sent in, the crowds attacked with firebombs incinerating many in their vehicles. Some rogue units then went on a rampage and the alleged “massacre” was in fact the revenge wreaked by those units on the citizen and student crowds still trying to block their entrance.

So whence the machine gun massacre story? Fortunately the former Washington Post correspondent in Beijing at the time, Jay Williams, has done the research, published in the Columbia Journalism Review, pinpointing its origins to a full-page article in a pro-British Hong Kong newspaper written by an alleged student participant. Front-paged by an unsuspecting New York Times, the “machine gun massacre” story rapidly criss-crossed the globe to become accepted as fact. An attempt by the New York Times reporter on the scene, Nicholas Kristof, to tone down the distortions was relegated to Page 13. Meanwhile the alleged “student participant” promptly disappeared.

As the Williams report points out, the irony in all this is that the world media managed to miss the much larger story — namely a mass revolt by citizens angered by decades of the Cultural Revolution and other ideological insanities still not fully corrected by the reformist Deng Xiaoping regime. This in turn explains why Beijing today is so anxious to have the world forget about the incident. No self-respecting communist regime can admit it was attacked by its citizens. But this then allows the black-information people to use Beijing’s silence as proof it lacks repentance for the massacre.

These people have since gone on to an even greater heights with the myth of Iraq weapons of mass destruction. They show little repentance for the death and misery caused by that success.

They are now involved in giving us the one-sided, gray-information version of the Japan-China confrontation over the Senkaku Islands. Here the key issue surely is Beijing’s anger over Tokyo’s denial of a verbal 1972 agreement to shelve the island ownership issue. Instead, we are told it is more proof of the Chinese expansionism that began with India in 1962.

We are told much about Beijing’s expansionist ambitions in the South China Sea. But it was the Republic of China regime, later exiled to Taiwan, that first made these claims, and they were reinforced by none other than Tokyo itself in its 1952 peace treaty with the ROC when it granted ownership of the two main island groups there, the Spratleys and the Paracels, to that regime.

Until very recently Taiwan showed much more zeal than Beijing in seeking to pressure Japan over the Senkakus; it was Taiwan in 1971 that successfully lobbied the U.S. to exclude the Senkakus from the Okinawan territories whose sovereignty was to be returned to Japan (the U.S. agreed only to the return of administrative control).

Beijing’s very limited revival of some other ROC territorial claims, toward India for example, are also portrayed as new Beijing expansionism. So the game goes on.

We still live in a world still highly vulnerable to black- and gray-information activities. It is this, far more than NSA snooping, that demands attention.
サイバー・スヌーピングは情報戦争のほんの一部

 アメリカのナショナル・セキュリティ・エージェンシー(NSA)による大規模なインターネット・電話回線傍受(PRISM)が露見したが、驚くにあたらない。少なくとも100億ドルといわれるNSAの隠れ予算は、ずっと以前から、NSAが何か技術程度の高いスパイ活動に従事していることを物語っていたはずだ。

 少し前にはECHELON―― 他国(友好国も含め)の外交その他の秘密通信を対象にした暗号解読作業の分野でアングロサクソン諸国を連携するグローバルネットワーク―― が明らかになった。

 その活動はもう40年以上前から続いており、ターゲットにされた国々は、日本を含め、いかにして自国の暗号が侵されたか、いまだに判っていない。

 だが、これは情報戦争のほんの一部にすぎない。われわれが何を考えているかを探り出すための努力と同じくらい、われわれに何を“知らしむる”かのための努力がなされている。黒情報や灰色情報を広めるプログラムはずっと以前から存在する。インチキ通信社(ベトナム戦争時代の大半の期間に英国はフォーラム・フィーチャーズなるものを運営していたのはその一例)、作り出されたストーリー、偏見を持ったあるいは買収された特派員・学者・評論家たち、が一丸となって仮想敵に関する歪曲した情報を広めるのに手を組んだ。

 旧ソ連は以前は、良いカモだった。最近では中国がライムライトの中にも戻ってきた。

 いまインドが反中国クラブの潜在的メンバーとして秋波を送られるようになり、1962年のいわゆる“中国のインド国境攻撃”がよく取り上げられている。たしかに、短い軍事行動があった。ここで、黒情報バージョンの問題点はたったひとつ、攻撃したのが中国でなく、インドだった点だ。

 当時私は、キャンベラの中国課で働いていたので、これに関係する地図やドキュメントに自由に接近できた。それで明らかだったことは、最終的協定ができるまではと中国が律儀に守っていた非常に寛大な(インドにとって)コントロール・ラインを超えて、インドからいくつかの愚かな軍事的進攻があった後、中国が非常に限定的に応戦したということだ。(これら全ては、元ロンドン・タイムズ紙のニューデリー特派員だったネヴィル・マックスウェルの名著「インドの中国戦争」に明記されている) しかしながら、それでもキャンベラその他が中国の“侵略”という非難に乗り出すことを阻止できなかった。黒情報陣営はそれ以来この線をさらに広める地固めをしてきた。

 特にこの黒情報の成功は、中国の本来的攻撃性という神話を生み、次にはこれがアメリカ・オーストラリアに、中国の“攻撃的拡張主義”を阻止するという目的でベトナムに介入させるに到る。その結果膨大な数の人間が死ぬことになった。

 だがすべての反中国黒情報活動の親玉ともいえるのは、1989年6月4日の天安門広場バージョンだ。数年にわたりこの偽バージョンは数百人(数千人とはいわないまでも)の民主化を求める中国学生が、広場で暴虐的政権による機関銃攻撃で倒された、とわれわれに信じさせようとした。

 ところが、一晩中広場にいたがそういうものは何も見なかったという外国人たちの目撃者が現れると、虐殺の話は、広場ではなく広場“近く”ということに変えられた。

 ところで、当時北京の米大使館からの、インターネットでも閲覧可能な諸報告によると、実際の話は非常に違っている。それによると、名所旧跡でもある広場を学生たちが6週間も占拠し続けるのを忍耐強く耐えたあと、いよいよ北京は非武装あるいは軽武装の軍を派遣し学生たちを平和的に排除しようとした、とのこと。だがそれでは、広場に通じる道路に集結した怒れる反体制派群衆によって攻撃されお手上げ状態。

 そこで武装軍隊が呼び込まれると、群衆は火炎瓶で攻撃し、多くの兵士が車の中で焼死した。そこでいくつかの暴走部隊が無差別反撃に乗り出した。つまり、いわゆる虐殺といわれるものは、実際は、これらの逆上した部隊が、なおも兵士の入場を阻止しようとする市民や学生の群衆に対して行った、報復だったという。

 では一体、マシンガンによる虐殺というストーリーはどこから来たか。幸い、当時北京駐在ワシントン・ポスト紙特派員だったジェイ・ウィリアムズはそれを調査し、コロンビア・ジャーナリズム・レビュー誌に発表している。彼がつきとめたのは、ある親英系の香港新聞に載った、一人のいわゆる‘参加学生’が書いた全ページ記事が源という。それを、疑いを持たぬニューヨーク・タイムズ紙が第一面に載せた“マシンガン虐殺”ストーリーが、たちまち世界中を駆け巡り、事実化されてしまった。その現場にいたニューヨーク・タイムズ紙のリポーター、ニコラス・クリストフがその歪曲性をトーンダウンしようと書いた記事は、13面に追いやられてしまった。その間にそのいわゆる‘参加学生’はいち早く消えてしまった。 

 ウィリヤムズのリポートが指摘しているように、この話全体のアイロニーは、これによって世界のメディアはより重大なストーリーをミスしてしまったこと―― つまり、文化大革命や数十年にわたったイデオロギー的狂気、改革派の鄧小平政権でも改革し切れなかった弊害に怒っている市民たちの大量反逆がそれだ。なぜ今日、世界がこの事件について忘れてくれることに北京がそんなにも腐心するのか、それで説明がつく。自尊心の強い共産主義政権ならどこでも、自国の市民から攻撃を受けたとは認めることができない。(もう一つの説明では、中国のトップの人物は後に、中国に機動隊のような組織がなかったことを非常に後悔した、と語っている。) だがしかし、これがまた次には、黒情報陣営が北京の沈黙を利用して、それは中国が虐殺を反省していない証拠だといい広める。

 これらの陣営はさらに、イラクの大量破壊兵器神話という高次元にまでエスカレート。その成功がもたらした人々の死や悲劇にたいしては、反省の色もない。

 彼らはいま、尖閣諸島を巡る日中の対立について、一方に偏った灰色情報を流しにかかっている。ここでの問題の核心は、島の所有について、1972年の口頭での棚上げ合意を東京が否定したことにたいする北京の怒りであることはたしかだ。ところが、これがまた、1962年対インドで始まった中国の“拡張主義の流”の証拠、といわれてしまう。

 また、南シナ海での北京の“拡大野心”についてよくいわれる。だが、この要求を最初に出したのは、後に台湾に亡命した中華民国政権(ROC)だ。そしてこれを強化したのは他ならぬ東京であり、1952年ROCとの平和協定において、その区域の二大群島スプラートレー諸島(南沙諸島)とパラセル諸島(西沙諸島)の所有権をその政権に与えている。

 最近まで、尖閣諸島に関して日本に圧力をかけるのに熱心だったのは台湾のほうだった; 1971年にはアメリカにおけるロビー活動で圧力をかけ、当時日本に主権を返還する予定だった沖縄地域全域から尖閣をはずさせることに成功したのは台湾である。(アメリカはこれに関しては行政的支配の返還のみ合意)

 北京は、ROCによる他の領土要求のごく一部に限って要求を再提出している(例えばインドへの要求)。だがそれもまた、中国の新しい拡張主義として描かれる。等々、ゲームは続く。

 われわれはいまだ、黒情報灰色情報活動に対して非常に弱い世界に住んでいる。しかしこれは、NSA傍受よりもはるかに、注視すべき事態である。

(筆者は元オーストラリア外交官)