April 13, 2013

Blame Western ‘demonists’ for Pyongyang’s belligerence
BY GREGORY CLARK

Ten years after the U.S. attack on Iraq the question remains: Were U.S. President George W. Bush and British Prime Minister Tony Blair cunning liars with their claims of weapons of mass destruction? Or were they just stupid?

A Moscow experience I endured many years earlier over a very different war — Vietnam — suggests that belligerence more than makes up for any lack of intelligence suffered by our leaders. I relate that experience belatedly since it is very relevant to what is happening today over North Korea. It could also throw some light on a hitherto secret corner of big power confrontation history.

In November 1964 an urgent message arrived at the Australian Moscow Embassy where I was stationed saying that Australian Foreign Minister Paul Hasluck wanted an immediate meeting with the top Soviet leadership. He had an important message to pass on over Vietnam. Normally Moscow would not want to give ear to a little-known foreign minister from a distant country. But there were also hints that the United States was behind his message. A few days later I found myself sitting beside Hasluck at the standard Kremlin green baize table facing Soviet Premier Alexei Kosygin and Foreign Minister Andrei Gromyko.

In urgent tones the Australian minister set out to warn the Soviet leaders about the threat of Chinese global aggression. Even we in Australia knew how the Chinese were threatening Moscow’s control over Sinkiang and its Siberian Far East district. Now they were using Hanoi to invade South Vietnam and push further into Asia, creating a direct threat to Australia. The Soviet Union, he said, should join us and the United States in Vietnam to use its power (translated as sila, which also means force) to put an end to China’s aggressive ambitions.

Our meeting soon ended, in a welter of misunderstanding. Kosygin had interrupted to say Sinkiang had long been Chinese territory, and that the Chinese had never made any claim to Russia’s Far East territory. He went on to say in a pointed reference to Vietnam that Moscow rejected the use of “force” to solve international problems. As for supporting us in Vietnam, he would like to state clearly that the Soviet Union would always stand by the side of the brave Vietnamese people resisting U.S. imperialist aggression, and he only wished the Chinese would do a lot more to help.

But Hasluck was unfazed. Back in Australia he said he had visited Moscow to be the first Western leader to congratulate the new Soviet leadership after the October 1964 ouster of Nikita Khruschev. He continued to accuse China of aggression in Vietnam, “using in the first instance its puppets in Hanoi.”

Even after it was obvious that Beijing and Hanoi did not like each other, and China was blocking some Soviet transit materials to Hanoi, Canberra continued to beat the “China aggression” drum.

In an in-depth BBC interview over Iraq war origins, Blair also blamed group-think. And that too is a factor. Once our leaders identify some unfortunate nation as an imagined enemy, influence-seeking bureaucrats, politicians, think tanks, and media pundits plus military-industrial types keen to get larger budgets and test out new weapons on live targets quickly climb on the bandwagon to help demonize that enemy. At the time of our Moscow meeting China was being heavily demonized, even though it was then controlled by moderates such as Zhou Enlai and Deng Xiaoping trying simply to deter U.S. attacks and repair the damage from Mao’s foolish Great Leap Forward. Accusations it wanted to take over the world were part of the demonic scenario.

Currently we see the same demonization process in action over North Korea. And while that regime deserves no sympathy for the way it has impoverished and oppressed its people, most who have met its leaders agree that they talk and act rationally.

In 1994 under the threat of imminent U.S. air attack they agreed to end their nascent nuclear program in exchange for a form of U.S. recognition. But the U.S. soon went back on that promise, arguing that the North Korean regime was about to collapse. So North Korea went back to its nuclear preparations, only to be targeted by the U.S. as part of the “axis of evil” with which the civilized world could have no truck.

Since then, Pyongyang has often pointed to Iraq as an example of what happens to an “axis of evil” nation without the weapons to defend itself. And it will tell anyone who cares to listen that it is still willing to halt nuclear development if it can gain that once-promised U.S. recognition.

It is almost certain that the belligerent noises and bluster we see and hear today are designed to ward off a pre-emptive attack similar to that threatened in 1994. But for our demonists the noises are proof North Korea really is crazy, belligerent, addicted to “provocations” and deserving to be attacked or at least strongly restrained. They say nothing about the belligerence and provocation that started it all: the U.S. threat to attack the North in 1994. Pyongyang’s calls for talks with the U.S. are simply a plot to make us drop our guard, they tell us. And so on.

The similarities with China’s situation in the early ’60s continue. Beijing had been threatened with U.S. nuclear attack three times in the ’50s — once in Korea and twice over its efforts to capture offshore islands held by the rival Taiwan regime. With a promise of Soviet help it had set out to develop its own nuclear deterrent, which it achieved in October 1964 just before our Moscow meeting.

And fearing a pre-emptive U.S. attack it too had begun to make belligerent noises, including the claim that it could lose hundreds of millions in nuclear war and still survive. Those noises were then used by the demonists to prove that China really was a crazy, dangerous nation deserving to be attacked.

This in turn was to create the bizarre chain of events leading to our futile Kremlin meeting. Fearing confrontation with the U.S. over the Taiwan problem, Moscow in 1959 had withdrawn its nuclear aid promise to Beijing. The Chinese retaliated with a torrent of anti-Moscow abuse, accusing the Soviets of selling out the communist cause to the U.S. enemy.

This in turn had been seized on by the anti-Chinese demonists in Washington and Canberra to prove that the Chinese were indeed bad communists, bent on global aggression, and restrained only by the good communists in Moscow. Hence the rushed Hasluck visit to Moscow in a bid to persuade the Soviets to join us in Vietnam.

Absurd? Of course. But demonists never sleep. The same fantasies are being concocted almost daily over a North Korea that almost certainly only wants to protect itself from yet another threat of U.S. attack as it goes about the business of restoring its wrecked economy.

平壌の攻撃的威嚇は西側の“デモナイザー(悪魔を作る人)”のせい

 アメリカのイラク攻撃から10年が過ぎたが、疑問は残る: 大量破壊があると主張した米大統領ジョージ・ブッシュと英首相トニー・ブレアは巧妙な嘘つきだったのか。それとも単なる馬鹿だったのか。

 ずっと以前、これとは大きくちがう戦争― ベトナム― に関して私がモスクワで得た一つの体験によると、攻撃的威嚇というものは、われわれの指導者のインテリジェンス不足を補って、なお余りある大きな役割をはたすものだということを示している。すでに遅いとはいえ、私がその昔の体験をここで繰り返すのは、それがいま北朝鮮を巡っておこっていることと大いに関係があるからだ。またそれが、大国同士の対立の歴史の隠れた一隅に光を当てることになるかもしれないからである。

 1964年11月のこと、私が駐在していたモスクワのオーストラリア大使館に緊急通達が入った。― いわく、オーストラリア外相ポール・ハスラックが緊急にソ連首脳と会見したい。ベトナムに関して、ソ連首脳に伝えるべき重要なメッセージがあるという。通常モスクワは、遠い国の著名でない外務大臣のメッセージに耳を貸したいとは思わない。だがこの場合、このメッセージの背後にアメリカがいるらしいと考えるべき兆候があった。数日後私は、ハスラックと並んで、クレムリンの定番の緑のラシャ敷きのテーブルに、ソビエトのアレクセイ・コスイギン首相とアンドレイ・グロムイコ外相と向き合って座っていた。

 オーストラリア外相は、ソビエト指導者に、切羽詰った口調で、中国によるグローバル攻撃の危険性について説き始めた。― シンキャン(新疆)のモスクワ支配やシベリア極東地域に対して、中国が脅しをかけていることは、オーストラリアの我々でさえ知っている。そしていまや中国はハノイを使って、南ベトナムへ、さらには深くアジアへと侵攻しようとしており、それがオーストラリアへ直接的な脅威になっている。したがってソ連は、ベトナムで、われわれオーストラリアやアメリカとともに、中国の攻撃的野心を止めさせるために、力(スィーラと訳された、それは武力の意味もある)を行使しなければならない、― とハスラックは言った。

 その会談は、まもなく互いの誤解の混乱を打ち切る形で、コスイギンが口を開き、シンキャンははるか以前から中国領土だし、ロシアの極東地域に対し中国はいついかなる要求もしたことはない、といった。彼は続けて、指摘されたベトナムについては、モスクワは国際問題の解決に際して“武力”を使うことは容認できない、と述べた。またベトナムにおいてわれわれ欧米陣営を支援することについては、ソ連は常に、アメリカの帝国主義的攻撃の下で抵抗している果敢なベトナム人の側に立つことをはっきり申し上げたい、そして願わくば、中国がもっともっと力を出して欲しいと考えている、と語った。

 だがハスラックはひるまなかった。オーストラリアに戻ってから、自分のモスクワ訪問は、1964年10月ニキタ・フルシチョフ追い落とし後の新政権に祝福を送った、西側指導者の中での第一号だった、と語った。ベトナムに関しては、中国がベトナム侵略をしていると非難を続け、“たとえば、ハノイの傀儡を利用している”といい続けた。

 北京とハノイが互いに嫌い合っており、ソ連がハノイへ送る物資の一部を中継地の中国が止めていることが明らかになった後でさえ、キャンベラは“中国の侵略”のドラムを鳴らし続けた。

 イラク戦争の起源を巡るBBCの徹底インタビューでは、ブレア首相はまた、グループ思考を非難した。そしてそれも、一つの要因だ。ひとたび、われわれの指導者がある運の悪い国を“想定敵”として目星を付けたが最後、影響力行使を求めている、官僚、政治家、シンクタンク、メディア評論家たち、またそれに加えて、もっと予算が欲しい、“生きているターゲット”に新兵器を試してみたい軍需・産業関係等々の連中がこぞって、その“敵”をデモナイズ(悪魔化)するのに手を貸そうと、急いでその宣伝カーに乗り込む。我々のモスクワ会談の当時、中国は、周恩来や鄧小平といった穏健派が指導者として、ただひたすらアメリカの攻撃を回避し、毛沢東の馬鹿馬鹿しい“大躍進”のダメージを修復しようと懸命になっていたときだったにもかかわらず、がんじがらめに悪魔化されていた。中国が世界制覇を目指しているという非難は、こうしたデモナイゼーション(悪魔作り)シナリオの一部だった。

 現在同じような悪魔作りプロセスが、北朝鮮をターゲットにして進行中だ。北朝鮮政権が国民の貧困化と抑圧の責任がある点で同情の余地はないが、北朝鮮の指導者と直接会う機会があった人々は一様に、指導者たちは話も行動もまともな人間だったと話している。

 1994年アメリカによる北朝鮮の空爆が差し迫っていたとき、北朝鮮は、何らかの形のアメリカの承認が得られればそれと引き換えに、やり始めたばかりの核開発を放棄することに同意したのだった。ところがまもなくアメリカは、北朝鮮政権は崩壊寸前だという理由で、その約束を取り下げてしまった。そこで北朝鮮は核開発準備に戻り、その結果は、アメリカによって、文明世界は関係を持つべきではないとされる“悪の枢軸”の一員とレッテルを貼られターゲットにされてしまった。

 それ以来平壌は、“悪の枢軸”とされた国が自衛のための武力を持たないとどうなるか、イラクがよい手本だ、としばしば言及している。そして北朝鮮は、聞く耳を持つ人には誰にでも、自分たちは前に約束したアメリカの承認が得られれば今でも核開発を止める用意がある、というにちがいない。

 われわれが今日見聞きする北朝鮮の好戦的な発言や咆哮は、彼等が1994年に緊迫したときのような先制攻撃を受けないための施策である。ところが我らがデモ二スト(悪魔作り人)に言わせると、それは北朝鮮が真に狂っており、威嚇的で挑発好きである証拠だから、先制攻撃に値する、あるいは少なくともがっちり押さえ込む必要がある、となる。彼らデモニストは、そもそもこうした事態の原因となった威嚇行動や挑発については、何も語らない― つまり、1994年に北朝鮮を攻撃するぞというアメリカの威嚇である。アメリカと対話したいという平壌の呼びかけは、単にわれわれの警戒心を解くための陰謀なのだ、というのが彼らデモニストの言い分だ。万事がその調子。

 1960年代はじめの中国の場合と北朝鮮の場合が似ている点は、まだ他にもある。北京は1950年代アメリカから核攻撃の脅しを3回受けている― 一度目は朝鮮で、他の2回はライバルの台湾政権が握っていた沿岸諸島を取り返そうと試みたときだった。ソ連が支援すると約束して、中国は自身の核抑止力を開発しようと着手し、それが1964年10月、ちょうどわれわれのモスクワ会談の直前に完成したのだった。

 そして中国も、やはりアメリカの先制攻撃を恐れて、威嚇的な言辞を繰り返しはじめ、核戦争で何億人死のうともそれでも中国は生き残る、との発言まで飛び出した。するとこうした言辞は、デモニストたちに取り上げられ、中国は真に狂っている、危険な国だ、攻撃に値する、といわれた。

 これがまた次には、一連の奇妙な出来事を生み、最後にはあの意味のないクレムリン会談に行き着いた、というわけだ。台湾問題をめぐって、アメリカと対決になるのを恐れたモスクワは1959年に、北京と交わした核協力の約束を取り下げた。中国側はこれに対する報復として、反ソ的な悪口を浴びせかけ、ソ連は共産主義の道義を売って、アメリカという敵に走った、と非難した。

 次には、ワシントンやキャンベラの反中国デモ二ストたちがこれに飛びつき、これが中国は悪玉コミュニストで世界攻撃を目論んでいるという証拠であり、ソ連という善玉コミュニストによってしか歯止めをかけられないことを証明している、とされた。そこで、ベトナムのことで我々と一緒にやらないかとソ連を説得する、ハスラックの緊急ソ連訪問となったわけだ。

 バカバカしい?もちろんそうだ。だが、デモニストは眠らない。同じファンタジーは、北朝鮮を巡って、日ごと紡ぎ出されている。北朝鮮は破壊された経済を立て直す仕事に忙しく、アメリカから攻撃の脅しを受けないことだけ願っているのはほぼ間違いないのだが。