FEB 28, 2013

Education miracles in remote Japan


That the death of the head of a small provincial university in the remote Akita district of northern Japan should be national news is remarkable enough. That the same university could in less than 10 years begin to match even prestigious University of Tokyo is even more miraculous.

Yet such is the case for the recently deceased Dr. Mineo Nakajima and the university he managed almost single-handedly to create the Kokusai Kyoyo Daigaku (international liberal education university) — otherwise known as Akita International University. When Nakajima set out in 2003 to create a new university from the remains of a floundering U.S. academic offshoot in remote Tohoku few could have predicted success.

Certainly I had my doubts, even though he had been kind enough to invite me to be his vice president (possibly because we shared an interest in China studies, languages and education reform). Minnesota State had joined the rush in the booming 1980s to create university branches in Japan, and its Akita operation had survived longer than most.

But it, too, fell victim to the realities of the ’90s, and the inability to give graduates degrees recognized in Japan. The Akita prefectural authorities had asked Nakajima to take it over at a time when the last thing Japan seemed to need was yet another prefectural university clamoring for scarce funds and dwindling student numbers.

But Nakajima had his vision. As the former head of the Tokyo University of Foreign Studies (Gaidai) he had suffered for years the factionalism and bureaucratism that afflicts so many universities in Japan. He would downgrade the professorial committees that can stifle decision-making. Management at AIU would be severe top down, with only an occasional nod to other opinions or options. Firm academic performance standards would be set.

And the teaching would all be in English. It was the all-English demand that drew most attention. Some would say it is a mistake not to give young students the chance to use and improve their own language over four crucial years to maturity.

But the emphasis on English caught well the growing mood here that says lack of English ability is why Japan is losing out internationally. Quite a few other Japanese universities are now setting out to imitate AIU. One good byproduct is that many foreign universities now want to send students to AIU for year-in-Japan studies. These students then mix closely with the Japanese students under AIU’s compulsory dormitory system. AIU also requires that its own students spend a very useful year abroad with one of other of its many partner universities.

As a result, AIU now ranks with or betters most of Japan’s elite universities, including even Tokyo University, in desirability and entrance difficulty. The ratio of applicants to openings is almost 20-1 in some categories at a time when many other universities are struggling even to fill quotas.

Other innovations, some taken from the 1999 national conference on education reform that I attended, include optional September entry to match the school years in other Northern Hemisphere countries, and a provisional entry system letting those with grades slightly below entry level become regular students if their first-year results are good. Grade-point averages and English test results are carefully monitored. It is these demands for performance results that underlie AIU success.

Many now realize the woeful state of much university education in Japan, with students pretending to study while teachers pretend to teach. Few want to waste four years and large funds for such useless superficial education. Finally the universities and courses that seem to demand high standards are gaining respect, and numbers.

True, the AIU phenomenon was helped greatly by heavy attention from media that shared Nakajima’s conservative political views. Soon there was a snowball effect: The more publicity AIU got, the more it could attract good students; the more good students, the more publicity it got. Other universities trying equally hard to improve education have not been so fortunate.

Nakajima’s status in Japan’s education bureaucracy also helped; getting the Education Ministry to recognize degrees from an all-English-language-education system was not easy.

Nor was it easy to find native Japanese teachers able to provide such education. One problem was having to inherit English-language teachers from the previous Minnesota operation. Most were good and experienced. But they lacked the Ph.D.s or equivalents now demanded by Japan’s status-obsessed bureaucrats.

As their contracts ran out and they had to be replaced, their discontent simmered for years on angry websites.

That, together with a self-aggrandizing “black list” blog bizarrely accusing AIU of anti-foreigner discrimination, hampered for a while the recruitment of quality foreign teachers (rules to prevent such Internet abuse cannot come too quickly).

The problem now will be finding a replacement for Nakajima. His ability to drag funds from reluctant prefectural authorities for AIU’s excellent facilities and office staff was unmatched.

But the demand in future could be for a university that serves local students rather than students from all over Japan, and the world. Our improbable little island of internationalization in remote snowy Akita may have to fight hard to survive.

日本の遠隔地で教育の奇跡

 中央から遠く離れた北日本の秋田という土地の、小さな一地方大学学長の死が、全国レベルのニュースになることは、そもそもめずらしい。その大学が10年にも満たない間に、かの東大にも肩を並べるほどのプレスティージをもつに至ったことは、さらに奇跡的だ。

 だがそれは、最近亡くなった中嶋嶺雄博士と、彼がほとんど独力で作り上げたといってもいい国際教養大学― あるいは秋田国際大学AIU― について、たしかにいえることだ。2003年中嶋氏が奥深い東北の地に、行き詰まったアメリカの大学分校の生残りから新しい大学の開校に着手したとき、これほどの成功を予想できたものはほとんどいなかった。

 中嶋氏のご好意により副学長として招かれた私 (彼と私は、中国研究、言語、また教育改革に共通の関心を持っていたことが理由と思われる)でさえ、 たしかに疑問を持っていた。ミネソタ州立大学は、1980年代日本に分校をつくるブームに乗って設立されたもので、秋田のその分校は他の多くの分校よりは長く続いた部類である。

 しかしその分校も、90年代の厳しい現実の犠牲となり、その学位を日本で認めさせることができなかった。秋田県当局は中嶋氏に、その廃校を引き継いでくれないかと依頼したのである。それは当時の日本でいちばん不必要と思われた、県立大学をもう一校増やし先細りする資金と学生数を取り合うということであった。

 だが、中嶋氏にはビジョンがあった。東京外語大学の元学長として数年間、派閥と官僚主義という日本の多くの大学を毒している弊害に悩まされてきた人である。彼は意思決定の足を引っ張る可能性のある教授会を格下げしたかった。AIUの経営は、トップダウンにし時々だけ外からの意見や提案に耳を貸す方式をとりたかった。アカデミックな実績をしっかり測る基準を作るつもりだった。

 そして教育言語は英語オンリーにしよう。世間の注目を引いたのは、英語のみで教育を行うという決定だった。若い学生が成熟に向かうこの大事な4年間に、自国語を使いこなし磨きをかけるチャンスを与えないのはまちがいだ、という意見もあろう。

 とはいえ、英語重視の方針は、日本が国際的にたち遅れているのは英語力に欠けるからだというあの当時の支配的なムードにうまく乗った。今ではAIUをまねて同じようやろうとする大学も増えている。その一つのよい副産物としては、多くの外国の大学が一年間の日本体験コースとして、AIUへ学生を送り出すことを希望していることだ。こうした学生はAIUで義務付けている寄宿舎生活の中で日本の学生ときめ細かく交わる。AIUもまた、自校の学生が数多い外国の提携大学のいずれかで学び実り多い一年間を過ごすことを義務付けている。

 その結果、他の多くの大学が定員割れを食い止めようと苦心している中で、AIUは今では東大も含め、日本の数多のエリート大学と肩を並べあるいはそれ以上に、人気大学、難関大学にランクされるに至ったのである。入学志願者の比率は、ある分野ではほとんど1対20にまで高まった。

 他の改革としては、私が参加していた教育改革国民会議の1999年答申の採用も含め、いくつか採用― 北半球の他の外国大学と歩調をあわせ選択制で9月入学を採用、合格レベルすれすれで不合格となる学生を暫定的に入学許可し一年後の成績いかんで、正規学生として受け入れる暫定入学制度、GPAや英語の試験結果は詳しく検討する、等々、― AIUの成功を支えているのは、そのような成績重視の体制である。

 いまでは、学生は勉強するふりをし教師は教えるふりをしている日本の多くの大学教育の惨状について、多くの人が気がついている。4年間を無駄に過ごし、役立たない表面的な教育のために大金を払いたい人は少なくなった。ようやく、高い水準を目指す大学やコースに対して尊敬と志願者が集まるようになってきた。

 たしかに、AIU現象は中嶋氏の保守的政治思想を共有するメディアによって注目度が高まったことと関係はある。すぐさま、雪だるま現象が起きた。AIUがメディアに取上げられれば取上げられるほど、よい学生が集まりやすくなる。よい学生が集まればさらに宣伝効果が高まる。同じようにやろうとした他の大学は、AIUほど幸運ではなかった。

 日本の教育官僚体制における中島氏のステータスもまた、力を発揮した。英語のみによる教育システムに対し学士号を認めるよう文部省を動かすのは、かんたんなことではない。

 また、このような教育が行える日本人教員を見つけるのも容易ではない。一つの問題は、前身のミネソタ大学プロジェクトの英語教員を引き継ぎ採用しなければなかったことだ。大半の人はよい教師であり経験もあった。ところが彼らは、いまステータスにこだわる日本の官僚主義が求める博士号あるいはそれと同等の資格をもたない。

 彼らの雇用契約が切れると、入れ替えが必要になる。彼らの不満は、ウエブサイト上で数年間くすぶり続けた。

 このことは、奇妙にもAIUを反外国人差別者として糾弾する夜郎自大的な“ブラックリスト”ブログの影響もあって、ある期間、よい外国人教員の採用を妨げた。(こうしたインターネットのハラスメントに対するルール作りは差し迫って必要だ。)

 目下の課題は中嶋氏の後任探しだ。AIUの優れた設備や事務スタッフのために、渋る県から資金を引き出してくる彼の手腕は比類がないものだった。

 ところで、将来求められるのは、日本全国あるいは世界中から集まる学生のためよりも地域の学生のためになる大学、という要求ではないだろうか。とすれば、遠い雪国の秋田に出現した、ありえないような国際化の小島にとって、生き残りのために、また戦いが待っているかもしれない。

(筆者は秋田国際大学理事、元多摩大学学長)