Tuesday, Sept. 19, 2006
Ugly finale to bogus pretexts

The fifth anniversary of the Sept. 11, 2001, attack on New York's World Trade Center by Islamic militants has come and gone, leaving some glaring contrasts in its wake.
On the one hand we had U.S. President George W. Bush at the 9/11 site orating about the need to see the "war on terror" through to the end. On the other hand we had a U.S. Senate report saying in effect that the pretexts for the original "war on terror" -- Iraq's weapons of mass destruction and its purported links to al-Qaida -- were completely bogus.
On the one hand we had many images showing the sorrow among the kin of those lost in the 9/11 attack. But we saw little of the sorrow among the far greater numbers of people left widowed or orphaned as a result of attacks by Western troops in Iraq and Afghanistan.
Visiting Britain recently, I saw in the Financial Times how the veteran Japan-watcher, Jean-Pierre Lehmann, had suggested that just as Japan should apologize to China for past misbehavior, the West should apologize to the Middle Eastern peoples for past injustices.
It was good advice. But then in the London Times I saw how a TV interviewer had discovered that Prime Minister Tony Blair did not know about the 1953 CIA-sponsored coup against the democratically elected government of Iran.
How can anyone so ignorant of Middle East history be allowed to make the decisions that do so much damage in the Middle East today?
It was the 1953 coup that helped trigger the chain of events that led to the 9/11 attack. It also put paid to hopes for the democratic revolution in the Middle East that is supposed to be the aim of the current Iraq intervention. Yet for some reason we are all expected to take Blair and Bush seriously when they emote about the causes and brutality of the 9/11 attack and the need to promote democracy in the Middle East.
There are limits to which any side can prevail when its own brutality is based so much on lies, ignorance and illogic. The "enemy" the West says it faces in the Middle East is not stupid. It is not impressed by childish talk of Islamo-fascism or attempts to label as a "terrorist" anyone with the courage to resist foreign troops. It is willing to sacrifice itself for its cause. For every innocent civilian and so-called terrorist killed there will be others, many others, determined to get revenge.
When even middle-class, British-educated Muslims are willing to sacrifice themselves to put an end to Western policies, talk about how moderate Muslims will come to the rescue of the West in the Middle East starts to sound very hollow.
Already we are getting surprise reports from the field, from Afghanistan especially, warning that the "enemy" is getting stronger rather than weaker, despite enormous casualties.
The sudden rise of an Islamist government in Somalia sends an even louder and clearer message -- that when the choice is between so-called Islamic extremism or botched Western efforts to impose something called democracy, people will willingly choose the former, even when it is imposed with Taliban-like severity.
Eventually, like the Soviets in Afghanistan, the West will have to fold up its military tents and leave the Middle East. Even the United States will get tired of the mounting casualties and the expensive need to protect its worldwide interests forever from so-called terrorist attack.
The debacle may not be as bad as in Vietnam -- helicopters being pushed over the sides of aircraft carriers. But it will still be fairly ugly, especially if the Pentagon hawks stick to their decision to attack Iran and the Iranians respond with rocket attacks on very vulnerable U.S. bases in Iraq. The fallout in terms of the domino effect into neighboring countries and the collapse of pro-Western regimes will be even greater than Vietnam.
Where will we go from there? No doubt there will be the same retrospectives from our foreign-policy elite as we saw after Vietnam. Where did we go wrong? Why did we go wrong?
But from the start, not only the pretexts but also the dangerous consequences of the Iraq attack should have been obvious to these people. They were obvious at the time to this columnist, who predicted that the Iraq attack would lead to the radicalization of that society and increase rather than decrease the Islamist militant threat to the U.S.
So why were they not obvious to the foreign-policy elite?
Let me be brutally frank. Western democracies have their merits. But one of their demerits is an inability to control the military/intelligence complex entrenched at the heart of their policymaking apparatus.
These people have little interest in debating the rights and wrongs of attacks on other nations. All they want is for the attacks to take place. That way they get their budgets and their power. They also get to test their new toys -- cluster bombs, white phosphorous bombs, bunker-busting bombs and so on -- against live targets.
To that end they will invent any pretext to justify those attacks -- WMD, Tonkin Gulf, or alleged Serbian ethnic cleansing in Kosovo (even as they are training Albanian guerrillas to ethnically cleanse the Serbs).
If there are no obvious pretexts, they will threaten other nations and then use defensive efforts by those nations as pretexts. Then they will fund or favor the bureaucrats, politicians, think tanks, media, academics, writers and others willing to go along with those pretexts.
When it is all over, the foreign-policy people will be making their excuses, as after Vietnam. But the military-complex people will still be rubbing their hands. For five to 10 glorious years they and their friends have made the fortunes and gained the power needed to promote the next attack on some other hapless target around the globe.
Except that this time in the Middle East they may have bitten off a bit too much. The repercussions -- the hatred of the West especially -- will last a very long time, much longer than memories of 9/11.
Discuss this Article

嘘の口実に醜い結末

イスラム過激派による
2001911日のニューヨーク世界貿易センタービル攻撃から5周年を迎え終えた今、その跡にまぶしいほどのコントラストが見られる。
 片や、
9.11跡地において米大統領ジョージ・W.・ブッシュがテロとの戦いを最後までやりぬく必要を説いた。片や、テロとの戦いの口実であった イラクの大量破壊兵器、いわゆるアルカイダとの繋がり は完全な偽りだったという内容の米上院リポートだ。
 一方では、
9.11攻撃死亡者の遺族たちの悲しむ姿をたくさん見たが、その一方、イラクやアフガニスタンで西側軍からの攻撃で未亡人や孤児になったそれよりはるかに多くの人々の姿はほとんど見なかった。
 最近訪れた英国で、ファイナンシャルタイムズを読み、ジャン・ピエール・レーマンというベテランの日本通が、日本が中国に過去の罪を詫びるべきなのと同様に、西側は中東の人々に過去の不正義を詫びるべきだと書いているのを読んだ。
 それはそれでいい提案だ。ところで次にはロンドンタイムズでは、
1953年に民主的に選ばれたイラン政府に対するクーデターをCIAが支援したことをトニー・ブレア首相が知らなかったことを、あるテレビ・インタビューアーが発見したいきさつが語られていた。
 なぜ、中東の歴史についてそれほど無知な人間が今日の中東にそれほどまでひどいダメージを与えることが許されているのか。
 
9.11攻撃につながる一連の出来事のきっかけともなったのは、1953年のクーデターだった。それはまた、中東における民主的革命 目下のイラク介入の目的とされている の希望を打ち砕いたものでもあった。だが、ブレアやブッシュが9.11攻撃の原因と暴虐性を説き、中東に民主主義を振興すると叫んで回るとき、なぜか分らないが、われわれは彼らの言うことをまじめに受け取ることを余儀なくされてしまう。
 自身の暴虐性がそんなにたくさんの嘘と無知と不合理に基づいているとき、だれが優勢に立つにしても、そこには限界がある。中東で西側が立ち向かっているいわゆる
"は馬鹿ではない。""はイスラムファシズムという子どもじみた話や彼ら、外国軍に抵抗する勇気あるものすべてに"テロリスト"とレッテルを貼る試みには心を動かされない。""は自分の信念のために身を犠牲にすることをいとわない。殺される罪のない市民、またいわゆるテロリスト一人ひとりの背後に、あらたに復讐を誓う多くの人々が生まれる。
 英国で教育を受けた中産階級のイスラム教徒でさえ西側の政策を止めさせるために身を犠牲にするのをいとわない事態になって、中東において穏健なイスラム教徒たちが西側の差し伸べる手に乗ってくるという話は、何とも空しく響く。
 すでに戦場からは、とくにアフガニスタンから、莫大な負傷者にもかかわらず
""は弱くなるどころか強くなっているという、ショックなニュースが届いてくる。
 ソマリアで突然にイスラム主義政権が出現したことは、さらに声高で明白なメッセージを発信している。
 つまり、いわゆるイスラム過激派と、いわゆる民主主義と呼ばれる何ものかを敷こうとする努力の失敗作と、の二者択一だとしたら、たとえそれがタリバン的厳しさを伴ったものであっても、人々は進んで前者を選ぶだろう。
 結局はアフガニスタンのソ連軍と同じように、西側は軍のテントをたたんで中東から撤退することになろう。アメリカでさえ負傷者の増大と世界規模の権益をいわゆるテロリストから守るための経費負担に音を上げるだろう。ベトナムのときほどひどい総崩れにはならないかもしれない
 空母から亡命者満載のヘリコプターが海へ落とされたような。とはいえ、かなり醜い展開になるのは避けられそうにない、とくに米国防省タカ派がイラン攻撃の決意に固執し、非常に攻撃しやすいイラクの米軍基地へイラン国民がロケット攻撃で対抗した場合には。近隣諸国へのドミノ効果という面での結果と、西側寄り政権の崩壊という点では、ベトナム戦争より被害甚大だろう。
 それからどうなるか?間違いなく、われらが外交政策エリートたちは、ベトナムの後と同じような反省を口にするだろう。われわれはどこでまちがってしまったのか?なぜまちがってしまったのか?、と。
 だが、イラク攻撃の口実の欺瞞性だけでなく危険な結末も、はじめからこの連中には明らかだったはずではないか。本稿筆者には当時からはっきりしていた。だからイラク攻撃はその社会を急進化させ、イスラム過激派のアメリカへの脅威を減少するどころか増大させると予告した。 
 ではなぜ、外交政策エリートたちはこのことが分らないのか。
 はっきり言わせてもらおう。西側の諸民主主義にはそれなりの長所はある。だが短所の一つは、それらの政策策定機構の中枢に居座る軍事諜報複合体をコントロールする力がないことだ。
 この連中にとって、他国を攻撃することの善悪を議論することはあまり興味がない。攻撃を実施することだけが彼らの望みだ。そうすることで予算と権力を獲得できる。その上彼らの新しいおもちゃ
 クラスター爆弾、黄燐爆弾、バンカーバスチング(塹壕破壊爆弾)、等々 を生きているターゲットに実験できる。
 その目的のためには、攻撃を正当化するあらゆる口実を発明する
 大量破壊兵器、トンキン湾、コソボにおける"セルビア人による民族浄化"(自らはセルビア人の民族浄化を狙うアルバニア人ゲリラを訓練していたにもかかわらず)ム
 もし格好な口実が見つからないときは、他の国々を脅しその国が防御的措置をとると、それを攻撃の口実に使う。次に彼らは、官僚、政治家、シンクタンク、メディア、学者、評論家ほか、この口実に同調するものへ金をばら撒き、重用する。
 すべてが終わった後で、外交政策当局者は言い訳をするだろう、ベトナムの時と同じように。だが軍事複合体当局者はなおもほくそ笑み続ける。すでに
5~10年にわたり彼らとその一味は財産を築き上げたし、地球上のどこかの新しい不運なターゲットに対し次の攻撃を仕掛けるに必要な力を十分蓄え終わっているはずだ。 ただ今回は、中東で、ちょっと欲張りすぎたかもしれない。その反動 なかでも西側への憎しみ はとてつもなく長く続くだろう。9.11の記憶よりはるかに長く。
(筆者は前オーストラリア外交官、オーストラリア政府内閣府政策アドバイザー)